スワップでコツコツ資金をためながらよもやま話

為替で中長期投資!ポジション持てば公表しますが、全ては自己責任でヨロシクお願いします。頻繁な取引はしないので、為替以外のネタのほうが豊富です。 スワップ最強通貨のトルコリラが取引のメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスの反撃

スイスフランは日本円同様、低金利のためキャリートレードの狙い目となり、
スイスフラン安が進んでいます。
しかし、スイスはインフレを警戒し始めたため、利上げを早める動きがあるようです。
自国通貨安になると、輸入品の価格が上がるため、インフレが起きやすくなります。
現在は商品価格自体も高いので、通貨安とのダブルパンチです。
とにかく現状のキャリートレードを阻止し、通貨安を抑えようとしています。
日本はインフレよりデフレを警戒しているのと、輸出業者にとって円安の恩恵が
大きいことから、円安やキャリートレードを黙認または推奨している状態です。
その結果、スイスが担っていたキャリートレードを日本が全て引き受ける可能性もあり、
スイス円の円安はもとより、他の通貨に対してもさらに円安に傾く可能性が出てきました。

先週末はNZに次ぎ、円が最弱通貨でした。
スイス円5万ショートはヘッジをかける必要があるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

勝負するための利食い

2月の世界同時株安直前で(当時は)高値づかみしてしまった
120.50 1万ドル
今朝の123.70で見事に利食われました。

ドル円は120円割れない限りは新規ポジション持ちません。
トルコリラ円やランド円も暴落しなければ買い増しはせずに今のポジションを
維持するだけにします。
トルコリラの買い増しはしばらくの間カナダとのペアにします。
スプレッドがきついけど。

そのかわり…
来月に200ほどつぎ込んでEURISKを5万持ちます。
それまでに今のレンジを割り込まないように祈るだけです。
USDOMRも金利差が以前に戻れば手放すことを考えています。

禁断のトルコリラ円を買い始めて7ヶ月。
もっと危険な果実を手にしようとしているのかもしれません。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

今日の収穫

スペース
 
1行に2つのボタンを並べるときに使う

処理をした後に、時間を設定してリダイレクト
(例えば完了画面を出した後に元のページに戻る)
header("Refresh: 秒数(秒なら3); URL=元のページ");
(phpの完了画面処理)
?>

これでちゃんと処理をした後にちゃんと設定秒数後にリダイレクトされる。

とにかくいつも見る便利なサイト
http://homepage2.nifty.com/sak/w_sak3/doc/sysbrd/sak3php.htm

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ファイルアップロードで引き継がれる自動変数

<form name="test" method="post" action="xxx.php" Enctype="multipart/form-data">
<input type="file" name="file01" >
<input type="submit" value="アップロード">
</form>

(xxx.php)
//ファイル情報の確認
print_r($_FILES); //$_POSTではない
print_r($file01_name) //ファイル名、これも$_POSTではない
print_r($file01_size) //左記も同様、アップしたファイルのサイズ
?>

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

リンク先に連想配列を入れるときの'や"の使い方

$str = 'リンク先';
?>

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

USDOMR取引に警笛

某17年間負け無しトレーダーのブログにUSDOMRに関する記事がありました。

アジア通貨危機っていうのは現在のOMRと同様に、ドルペッグでドルとの金利差が
発生していたらしいです。ドルのほうが低金利。
それでヘッジファンドがポジションをドルショートに一方的に傾けたらしい。
今回は日本の個人投資家。現在とは反対ですね。

wikipediaで調べてみると、ペッグ時はUSDTHB=24.5だったらしいです。
それが1日で29.5になり、半年後には50まで動いたそうです。
金利狙いだとUSDTHBショートなはずですので、損失がとてつもない額になります。
オマーンは1年で1%以上変動すると利が乗らないので、1日に20%も逆に動かれてしまうと
取り戻すのに数十年かかるわけです。
その前に証拠金が底をついてゲームオーバーになるわけですが。

今月の米国債金利の上昇のせいか、USDOMRのスワップがほぼ倍増しています。
0.3850が1年で1%(=0.0385)買い下がるぶんのスワップがもらえます。
ということは、1日で0.1p程度のスワップになります。

今なら100万通貨投入すれば1日で3000円くらいのスワップがありそうです。
ただし、通貨価値が半分になればマイナス6000万の損失が出ます。

いずれにせよ、オマーン取引には気をつけましょう。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

利食い

EURISKの5万通貨対策として、SAXO系にもうひとつ口座を持ってショートを多目に両建て
する方法なども試みてみましたが、資金効率や管理の煩雑さなどから、やはり断念…
先週の金曜日の円安デーでトルコの89.75を94.45で決済しました。約1ヶ月で5円上がった
ことになります。
今週も円安からスタートということで、トルコリラ円は95円、スイス円は100円をつける
ことでしょう。
ドル円はシステム的に123.50で利食い売りを出さないといけないのですが、まだ注文を
出せていません。個人的には125円の攻防ラインあたりまでは行くと思うのですが。
他の高金利よりは動きがさえなかったランドも、円安デーで一気に回復しました。
含み益込の資金は新高値をつけました。

先々週のスワップデーに1.25で仕掛けたカナダトルコは200pほどの含み益が出ています。
NZDは今週も介入をしました。やはりNZDTRYも狙い目なのでしょうか?
最近はドル安が行き過ぎた通貨とのペアで、第2、第3の78.80ロングを物色中です。
でもトルコだけ持つのは危険すぎる。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

全力ポジしない理由

全力ロング、全力ショートしない理由は、ナンピンできないからではなく、勝っているときに上乗せするための資金。

と思うようにしたい。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

NZ介入

NZDTRY持っておけばよかった…
まあ100pしか動いていないから、チャンスはまだあるとは思うのだが。

他の通貨に波及するかどうか。
キャリートレードというのは5年位前にも行われていたようです。
NZ連銀を批判するか?それとも他の国(特にユーロ)も追随するか?
新たな局面に入るかどうかのポイントになるかも。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FX本でベストセラーの1勝9敗本のメモ

【本のタイトル】
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? ―利回り100%の外貨投資戦略

この本は、頭ではモヤモヤとわかっていることを的確に文字に表している。
あと、損切りやストップロスについてを心理的、経済的な面から徹頭徹尾
酸っぱく書かれている。
ストップロスはチャートの明らかに下というところで入れたらよい。
損したときのことだけを考えろ。危機管理を持て。
利食いについては極論ではどうでもよい。

個人的には12月やっているトレーダーは負け組というところが参考になった。
ちなみに去年もおととしも12月は円安の調整月になっている。
高金利通貨のスワップ狙いはよくない。スワップ狙いは昔から存在する。
デイトレやスキャルはやめたほうがよい。
高レバもやめたほうがよい。致命傷を負いやすい。
高レバをウリにしている業者はあまりよい会社ではない。
そんな会社は顧客のことなど知らんフリなイメージ。
手数料やスプレッドを気にするのはFXに不向き。

1日で5円動く日が1年に1-2回
1日で10円動く日が5年に1-2回
1日で20円動く日が10年に1-2回
円安はゆっくり、円高は急速。
円高トレンド時のショートは難しい。調整がないので、高いところで指値を
仕掛けても執行が少ない。
逆に円安時の下値指値ロングは比較的やりやすい。
動きは年20%が平均。株のように10倍や100倍になることはない。
そうなるときは国が崩壊(デフォルトかインフレ・デノミ)したとき。

ドル円とユーロ円の動きから、どの通貨のどのポジションが負けたのかを
解説したところは読み応えあり。
金利政策の際のオペレーションも参考になった。

1勝9敗でも勝てるようにするには
1勝を500pでの利食いとして、1敗を30-40pでの損切りとすればよい。
大きな傷を負わないような損切りであれば、いつでもFXで稼ぐチャンスが
待っている。
レバレッジは5倍を目安としたほうがよい。
劉邦は1勝99敗でも漢を建国できた。
タイトルの1勝9敗は即ち損切りを必ず実行しろということ。
でも利回り100%についての事例は2-3ページくらいしか触れていない。

プロでも勝てるのは2割

ちなみに元ネタは
http://members.at.infoseek.co.jp
に散りばめられている。それ以外も。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ランド円取引の割高感

(先週木曜に書いた記事です)
上海Bの同時株安直前からの上昇率を見ると、まだ5割前後と以前高率
なのですが、まあこのくらいで落ち着くのかもしれませぬ。

レートについて考えてみると、
USDJPY=120
TRYJPY=NZDJPY=90
ZARJPY=17

ランド円のスプレッドってすごく高くないですか?
ランド円スプが5だと、他の通貨ペアと比べて小さい部類に入るのですが、
ドル円レートで換算するとスプレッドが30-35という計算になります。
ソニー銀行並ですね。
ドル円とは違いマイナー通貨だからスプが大きくなるのはわかりますが、
トルコ円よりも割高なのでちょっと広すぎ。
だから業者はランド円を導入したいはず。
他の通貨より手数料が多くて儲かるから。

スワップはというと、現在35円/1万通貨ですから、ドル円換算で210-245
という計算になります。ドル円の1.5倍といったところでしょうか。
でもスプレッドを取り戻すだけで2週間くらいかかります。
CADTRYよりも若干長いです。
そういやどこかの業者に、ドル円マイナススプレッドなるものがあった気がする。

円キャリーがまた調整されそうな雰囲気ですが、それっていつも同じ見解か。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

ISK取引断念!!!

(先週木曜時点の内容です)
せっかくユーロが値を戻してきたのに、EURISKは5万通貨未満では取引させて
もらえませんでした。
含み益ではない金額ベースで500くらい持っているか、今のポジションを全部
手放さないと参戦できそうにないです。
5万通貨一気に取引して逆に行ってしまったら、(ナンピンしようが)精神的に
苦しいのは何度も体験していたり、現に今やっかいなのを抱えているので。

変わりに最近のカナダの急騰でCADTRYを1万ショートしました。
昨日は3倍だったし。
でもこのペアはスプレッドが40もあるからキツい!!!円の倍だよ…
TRYJPY=78.80のような優良ポジションになることを期待しています。
そうならなくてももちろんナンピンしますが。
ちなみにトルコ円ポジション持ちはじめて半年経ちました。78.80のポジは
今朝のスワップで70円台に入ったと思われます。
トルコ円3万枚全体のポジションの平均は来週にも78.80になります。
トルコが多いので、TRYJPYを1万だけ利食いしたほうがよいと思い利食いを
設定しました。でもまだ300p近く上ですが。
それと今朝のNZDの利上げやら発言
(http://www.gci-klug.jp/fxnews/07/06/07/nznz_10.php)やらで、
TRYでNZDショートをやってみるのも一計かなと思ってしまいました。
NZDってもう100bpしかランドとスワップ変わらないんだよねえ。
だからスワップよりも差益を狙うかもしれませんねえ。
それでも1日180円(2TRY)くらいはつきそうな感じ。NZDJPYロングと大して
変わらん。やはりTRYはすごいね。
でも怖いからあまり主力ポジにはしたくないのだが。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。