スワップでコツコツ資金をためながらよもやま話

為替で中長期投資!ポジション持てば公表しますが、全ては自己責任でヨロシクお願いします。頻繁な取引はしないので、為替以外のネタのほうが豊富です。 スワップ最強通貨のトルコリラが取引のメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末にかけての値動き

為替はじめて5回目(資金投入してからは4回目)の年末を迎えます。
去年以外はの3回は全て、10月ごろからレンジを抜けて大きなトレンドが
やってきています。

112円を割れてくると、一気に円高が進むかもしれませんが、円安が進むことは
あるのでしょうか…
ランド円は18円つけそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

ZARとISK

半年くらいからEURISKが持ちたかったのですが、現在の金利差を考えると、
ZARJPYのほうが効率が上なんですね。
しかもEURとZARは金利先高感あるので、来年はその流れが加速しそう。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

カメレオンな日経平均

サブプライムのときは中国市場はほとんど関係なく上がっていた。
そのときは日経平均は中国以外の株価と連動していた。

なんで今日はダウじゃなくて上海に連動してるの?
そんなに売り材料が欲しい?

テーマ:サラリーマントレード - ジャンル:株式・投資・マネー

トルコリラ再び利下げ

トルコリラは0.5%利下げしたそうです。
政策金利は16.75%になりました。

一瞬のインドショックによる買い場が発生したようで、
TRYJPYやランド円なども回復基調です。
このペースで行くと、ランドがトルコリラの座を奪う日も遠くないかも。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

ちょっとまずいか?

サブプライム再燃
トルコ問題&原油高
G7

いつの間にやら燃料満載。
G7対策で今週末にポジション減らそうかと思ったけど、遅かった。
欧州からではなく、日本側からG7について発言したことが大きかったのかな。

CADTRYがこの1週間で一気に500p上昇。
今まで原油や資源価格が上がってもCADよりTRYのほうが強含んでいたが、
形勢逆転。おそらく五合目あたりのような気がする。
トルコが国境から引き上げたら絶好のチャンスだが、泥沼化すると1.3を
超えてこないか心配。

TYJPYは全く買いたいレートには届いていない。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

スワップ派になってからの利食い総括

去年11月終わりに禁断の果実トルコリラ円を買ってからもうすぐ1年。

今まで買ってきたポジションはほとんど保有していますが、利食い売り
したポジションも中にはあります。ちょっとそれらのポジションを総括。
ランド円、スイス円は5万通貨、それ以外は1万通貨。

◎USDJPY120.50→123.50(スワップ1-1.5円くらい)
利食いして1ヵ月後に111円まで暴落。

×USDJPY114.50→115.25(スワップ0.5円くらい)
111円暴落前にロング。FOMCで利下げ前にリスク回避で手仕舞い。

△TRYJPY87.95→89.75(スワップ2円くらい)
資金的にトルコリラが3万までしか持てない自己規制があったが、
利確したかったので、89.75ですぐに買い直し。

○TRYJPY89.75→94.95(スワップ2-3円くらい)
上記で買い直した通貨。
95以上は想像できなかったので、手仕舞い。
実際には97台まで行った後にサブプライムで80割れ。

×TRYJPY89.75→90.95(スワップ2円くらい)
上記利食い後にサブプライムで急落前に購入。
急落して恐かったので、プラスになった時点で利食い。
90になかなか乗らなかったけど、乗った後さらに急進。
実際にはサブプライム前の高値を更新し、100手前まで反転。
これ買ってなかったら、暴落時にもう少し下で持って今でも保有してたかも?

×NZDTRY1.0→0.95(スワップ100-150pくらい)
サブプライム暴落でトルコリラ関連の含み益が減っていたが、このペアだけは
含み益が増加した。利確したかったので、手仕舞ったがその後0.9割れ。

△ZARJPY15.50→17.25(スワップは75pほどついた)
2月の暴落時に購入。
10月の利上げ発表前後に指値にひっかかり利食い。
18円台もありそうでちょっと早かったか?

△CHFJPY97.50→95.10
3-4ヶ月保有。売りスワップの影響で、実際の利食いは100pちょい。
サブプライム暴落の5合目あたりで手仕舞い。
その翌日からドル円が5円下落し、スイス円も91か92円台まで暴落。
ただし、この通貨ペアはヘッジ効果が高く、サブプライム始まっても
あまり総資産が目減りしなかったのは間違いなくこの通貨のおかげ。
(逆に円安ピーク時足を引っ張っていた。102円まで行った)
またそろそろ購入したい。


うーんやはり利食いはあまりうまくないなあ。反省。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

そんなの関係ない

FOMC議事録で全会一致だったとかで追加利下げがあるとかっても言われてるけど、
雇用統計前月比マイナスを大幅に修正した今となっては、そんな議事録関係ない。
利下げ?やるわけねーじゃん雇用統計安定してるし。

アメ公が利下げしないんだからさ、日銀金融政策決定会合で明日利上げしたら?
消費者物価指数?そんなの関係ない。だってデジタル家電が入っている限りは
プラスになんかなりっこない。
利上げしたほうがG7でユーロからの批判もかわせるかもしれないよ。
サブプライムで勝手にダメージ負って、世界で唯一株価が回復していないことを
理由にして利上げしないんでしょ?

G7で文句言われて、介入もされて来月円高になって、株価が迷走して利上げ
できなくなっちゃうよ。世界の株価はその間も高値更新しているよきっと。
ダウはわかんないけど。

毎月よく言われてるけど、やるなら明日かと。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

明日のための自分用メモ~USDHKD vs ZARJPY~

USDHKDとZARJPYの1万通貨を考えてみる

証拠金
HKD115万円
ZAR17万円

1日スワップ金利
USDHKD売り60円
ZARJPY買い40円
HKDは15円まで下がることもある。現在は1日4p下がる?

100p動くと
HKD±1万円
ZAR±1500円

03年以降の動き
HKD7.83→7.692=1400p弱
7.83はサブプライム時の高値で過去10年来でも最高値。
ZAR19.70→12.97=700p弱

現在レート
HKD7.756
ZAR17.15
今のスワップ維持だと半年で7.83までスワップ含み益で上がる?

将来はドル安人民元高になる可能性が高い。
地政学的にドル安よりは人民元高に振れるのでは?

HKDのほうが証拠金は7倍でかいが、1pあたりの損益で見るとHKDが7倍小さい。
ボラティリティが小さいのでチャンスの売り時が多い。
即ち
ランドコスト平均法よりも香港ドルコスト平均法がやりやすい!

問題としては
スワップが安定しないので、7.7割れ前後でレートを維持し、スワップも
低額になったときがポジションを増やせない。
同時期にランド円も高値だとジレンマだね。

17円台中盤あたりで今のZARを5万ほど利食いする。暴落まで待機。
利食いの如何に関わらず、今月HKDを5万売りで始めてみようと思う。
もっとはやく気づけばよかったなあ。OMRなんかより全然イイんじゃね?

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

明日のための自分用メモ~ランド円5年データ~

たまたま最古のデータは2002年10月なので、丸5年間のランド円

02年 最高値13.96 最安値11.63 年末終値13.81
03年 最高値17.73 最安値12.97 年末終値16.00
04年 最高値18.54 最安値13.94 年末終値18.18
05年 最高値19.24 最安値15.61 年末終値18.63
06年 最高値19.70 最安値14.76 年末終値16.94
07年 最高値17.80 最安値14.71 年末終値????

年末終値から翌年の安値はほぼ全て100p以上下げている。
高値と安値の03-06年の高低と比較すると、07年はまだ小さい。
1年の変動は総じて4-5円だが、今年は3円だけ。
19円前後か、14円を割るか。

今年の残された下落リスクは株の暴落ではなく、G7での円安牽制
(下手すら欧州介入)のほうが確率が高いのではないかと。
ユーロ円は169⇒149⇒165まで戻ってるし。

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

円高環境?

http://fx-trade2.seesaa.net/article/58475815.html
によると、日本の個人投資家の円売りの実弾はサブプライム前にはまだ
程遠いらしい。なので、急回復したレンジやこれ以降の上昇相場は、
半年は持たないかもしれません。
というのも、海外勢は下げ始めたらすぐ逃げるので。
でも日本が少ないぶん前回のようなナイヤガラにはなりにくそう?
まあ日本が買った時は売り時という言葉のようになるのかもしれませんね。
下値で待っていた日本勢が痺れを切らして買った途端に…

一昨日あたりからG7に向けてEUがジャブを出し始めています。
(ユーロとユーロ円がこれ以上高値になるとは誰も思っていない)

グリンスパンは議長を辞めてからおとなしくしていましたが、回顧録を
出して以降、徐々に議長のときとは相反する表現での露出が多くなって
います。議長当時は言葉の裏を解説されないとわからなかったけど、
最近ではずいぶん踏み込んだ発言が多い気がします。
例えば
・イラク戦争が石油狙いであることは明らか。
・グリンスパンは共和党員だが、クリントンは優秀でブッシュはアホ。
・ブッシュがクリントン時代の遺産を食い潰した。
・せっかく赤字を減らしたのに、また垂れ流し始めて元の木阿弥。
・自分が議長の晩年は低インフレ低金利だったが、これからはその反動で
インフレの時代。
(まあたぶん資源高騰は続くし、ドル安だから輸入商品高騰しやすいしね。
インフレは先進国で5%くらいになると予想している。)
・0.5%利下げはやりすぎ。これからはインフレの時代なので、これだけ
利下げすると利上げが難しくなる。
(まあでもサブプライムは難しい局面だったからしょうがない。)
・でもある程度利下げは行うべきだったと思う。国益を守るためには、
投資家保護が必要な場合もある。バーナンキはよくやっている。
・各国中銀はこれからが大変だ。金利はまだまだ上げる必要があると思う。

これからはインフレの時代…ということはトルコリラがまた紙くずになる
危険が出てくる?この通貨の保有もあと2-3年でやめようかな…

まあとにかく、円高リスクとしてこれらが存在するということを覚えておいた
ほうがよさそう。

ちなみに回顧録のギャラ(印税収入ではない)は10億円とのこと。
80超えてもそんなにお金必要かな…

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

2007年第4四半期

第4四半期が始まりました。早いですねー
円キャリーが復活してずいぶん幅を利かせてきました。

円キャリーが復活したのは、日銀がFRBと歩調をあわせているからだと
思います。そのせいで他の通貨とは金利差がついてドル円以外の通貨
ではほとんどサブプライム前の7月半ばのレンジに戻りそうな勢いです。
この勢いが止まるのは日銀が利上げするときなのか、ブッシュ政権が
終わるときなのか…

スイス円は99円前後まで来ましたので、前回の反省を踏まえて105円前後
になったところで売りを考えようかと。
その間にドル円が120円つけたらドル円の買いポジションを解消しようか
と思い始めています。
そのぶんをスイス円ショートに回してみたい。
スワップとの兼ね合いを考えれば、思い切ってドル円でもいいかも。

やはりあのときのサブプライムの暴落で、ほんの少しですがスイス円の
ポジションのおかげでヘッジできたかなあと。
あのポジションがあったから狼狽売りしなくてすんだんじゃないかな。

暴落したときに買いに走るのが本当のスワップ派で、損切りするのは
スワップ派とは言えない。
そのときにロスカット食らうようであればそれはスワップ派ではなくて、
投機派とかスキャル派に近いと思う。

ダウが今日で14000まで回復しそうです。
そのときはドル円は再び116円を超えてくるのでしょうか?

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。