スワップでコツコツ資金をためながらよもやま話

為替で中長期投資!ポジション持てば公表しますが、全ては自己責任でヨロシクお願いします。頻繁な取引はしないので、為替以外のネタのほうが豊富です。 スワップ最強通貨のトルコリラが取引のメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事なダメっぷり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000203-yom-bus_all

やはり為替メインブログとしては
ここで書いておかないとねえ。

実はおととい夜に120.50で1万ドルのロングをしました。
あと週明けのタイミングで17.20で3万ランドロングしました。
ということで、見事なまでの曲がりっぷりを披露してしまいました。
昨晩119.50ショートの利食いを117.25に設定していましたが、
117.50でUターンしているため、30pほど足りませんでした。

で、今日の理想は起きてからなるべく始値に近いレートで
どちらも買い増しするつもりだったのですが、現在のレートは
始値よりも70pほど遠く、さらに上離れする傾向にあります。
反省すべきは高値づかみをしたことではなく、下で買い増し
できなかったことに尽きます。
今のトレードスタイルでは、下で買わないとほとんど意味を
成さないので。

世界同時株安は中国が震源で、昨晩から今朝にかけて地球を1周
して日本にたどり着きました。中国は昨日8%下落、日本は今日4%
前後の下落が続いています。

昨年5月の同時株安と同様に、円で見ると、ドル以上に売り叩かれて
いるのが金利が高い南アやトルコなどのマイナー通貨でした。
同時株安とか、世界規模のネガティブ要因が起こると、みんな
こぞって安全な投資先へ逃避するのが常套手段となっております。
トルコリラ円は昨日だけで500pほど売り浴びせられてました。
この通貨としては年に1-2回はあるような動きです。
まああとここから1000pくらい落ちてもこちらはまだ問題ありません。

ドル円は300p近い下落の大陰線をつけました。
この陰線は1年前に120円つけた後に発生したとき以来の大きな線です。
このときは、114円まで落ちた後、半年後に108円まで下がり、じっくり
上昇して今年120円を奪還しました。

しかし、去年の上昇局面は日米金利差が拡大し、それが維持されて
いたために、円安が起こりやすい状況でした。日本側が金利差を
狭めることは今後半年は無さそうですが、アメリカ側の利下げで
狭まることはあり得ます。
それに、IMMなどでのドル円ロングの積み増しが史上最大の飽和
状態にあります。
以上諸々の推測から、1年前と同じく115円割れを起こしたら、
120円への回帰は、極めて難しいものになると推測します。
まあ私が予想していた125円天井は今年は難しくなったと思います。
でも私は曲がり屋ですから。
今月に115円割れとか、もうちょっと落ちたら曲がり屋に看板を
書き換えなきゃ。

FX取引なら「トウキョウフォレックス」!

新しいカタチの為替取引『Active Zero』



スポンサーサイト

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxlongterm.blog89.fc2.com/tb.php/51-6c4c0781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。