スワップでコツコツ資金をためながらよもやま話

為替で中長期投資!ポジション持てば公表しますが、全ては自己責任でヨロシクお願いします。頻繁な取引はしないので、為替以外のネタのほうが豊富です。 スワップ最強通貨のトルコリラが取引のメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eワラント入門~自分用メモ~

為替eワラントとは、オプション取引の一種。
満期前の売買での収益は雑所得ではなく、譲渡所得。
満期まで持って収益があれば雑所得。

ドル円、ユーロ、ポンド、NZ、豪、ランド、カナダ、南アのクロス円が
存在する。通常のFXと同様にレバレッジが効く。
コール(円安)とプット(円高)がある。
例えば、ドル円が120円の時点で、110円になると思ったらプットを買えばよい。
本日のレートが118.50程度だが、
http://www2.drvs.ne.jp/gs/ewarrant.cgi?gicode=GI63IHL
を参考にすると、7/18満期の権利行使価格120円のプットは1ワラント4.48円
7/18満期の権利行使価格125円のは8.49円
となっている。

例えば、2/26に私は120.50円で1万ドルのポジションを形成している。
3/2には117.50で1万ドルナンピン買いをしている。
それぞれのタイミングで120円のプットをチェックしてみることにする。

2/26での7/18満期の権利行使価格120円のプットは1ワラント4.14-4.46円、
3/2での同商品は1ワラント6.00-6.74円で取引されていた。
(価格はその日の(安値-高値)での表示)
1万ドル分(4.4x10000=)44000円で買い、6万円で売ったとすると、1.6万円が
収益として入ったことになる。
同じ時期の115円のプットだと2.07-2.25円から3.25-3.75になっているので、
2.2万円で買い、3.25万円で売ったとすると1万円程度が収益になる。
(※1ワラントは5通貨単位なので、2000ワラントで1万ドル?)

また、5/23満期の115円プットは0.75円になっている。
このまま今のレンジをあと1ヶ月維持すれば、このプットはゼロ円に近づく。

(ポジションとのヘッジについて)
通常のスイングトレードの場合だと、どこかで利確や損切りが発生する。
3/2に115円のプットを1万円で売ったときに120.50円を手放さないとヘッジ
したとは言えない。
スワップトレードの場合は、金利差が縮小したり逆転しない限り満期が
存在しないため、ポジションを損切りせず、長期に保有する。
そのため、すべてのポジションをヘッジするとオプションの費用がかかる。
スワップトレードの場合は、ナンピン買いしたタイミングでプットを売却
するのが妥当ではないかと思われる。
ただし、ナンピン買いの間隔が空いてしまうとオプション費用がかさむ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxlongterm.blog89.fc2.com/tb.php/85-ad8fdc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。