スワップでコツコツ資金をためながらよもやま話

為替で中長期投資!ポジション持てば公表しますが、全ては自己責任でヨロシクお願いします。頻繁な取引はしないので、為替以外のネタのほうが豊富です。 スワップ最強通貨のトルコリラが取引のメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まらない日本抜きの上げ潮相場

政治、経済ともに日本の希望は円安。
その恩恵として、輸出企業は過去最高益を倍々ゲームで伸ばしている。
しかし他の海外市場に比べると、日本の株価は伸び悩んでいる。
なぜか?
政財界お望みどおりの円安トレンドの結果、日本人は日本の株には投資せず、
日本人は外国の株を買っている。だから株は上がらない。
いま株を買っているのは、円安の恩恵をもう一方で受けている海外ファンド。
日本以外の市場が右肩上がりなのは、日本人のお金と、円を借りている
ファンドの資金。

日本株で銘柄別で調子がいいのは輸出企業、商社、石油・資源会社など。
内需系はほぼダメ。
日経225を見るとそうでもないが、新興株は去年から上がっているのを
見つけるのが難しいくらい下がっている。
ITなんてもうボロボロ。まあこれはライブドアの影響もあるのだが。
去年いちばん騒がれたミクシィも、上場前の公募価格を下回っている。

それでも企業は最高益なのに、なぜ会社の儲けを社員に還元してないのか?
それは、株主への配当と、TOB対策による自社株買い。
じゃあその会社の社員は何のために会社に働いているのか?
会社は配当とかTOBのために給料上げてくれない。
そんな会社なら上場する意味ねーじゃん、ってことで、内需などではMBOで
上場廃止をする企業も増えている。

結局円安になっても喜ぶのはトヨタとかキャノンあたりだけだし、
これら企業のために他の企業が買収のリスクにさらされたり、日本人から
株にソッポを向かれるような事態を招いている。
これらの企業が全部ホワイトナイトを請け負ってくれるなら別だが。
景気が悪かったころなら急場をしのぐ意味で、それでもよかっただろうが、
これ以上円安要因での好景気は、表面的な好景気でしかなくなる。
上層部や大企業だけが羽振りがよい、薄っぺらい構造になってしまう。
TOBと配当にばかり利益が流れるようだと、裾野まで景気は広がらない。

政財界では今でも利上げに大反対している。
これ以上同じ金利、円安のままならもっと買収されちゃって、地力のある
日本企業がバラバラに刻まれちゃうよ。
それでもいいの?国益ってなんだろう?

ちなみに、どの相場の格言にも、
日本人が来たら売れ
というのがあるらしい。乗り遅れちゃうんだよね。
スポンサーサイト

テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxlongterm.blog89.fc2.com/tb.php/91-08969175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。