スワップでコツコツ資金をためながらよもやま話

為替で中長期投資!ポジション持てば公表しますが、全ては自己責任でヨロシクお願いします。頻繁な取引はしないので、為替以外のネタのほうが豊富です。 スワップ最強通貨のトルコリラが取引のメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USDOMR取引に警笛

某17年間負け無しトレーダーのブログにUSDOMRに関する記事がありました。

アジア通貨危機っていうのは現在のOMRと同様に、ドルペッグでドルとの金利差が
発生していたらしいです。ドルのほうが低金利。
それでヘッジファンドがポジションをドルショートに一方的に傾けたらしい。
今回は日本の個人投資家。現在とは反対ですね。

wikipediaで調べてみると、ペッグ時はUSDTHB=24.5だったらしいです。
それが1日で29.5になり、半年後には50まで動いたそうです。
金利狙いだとUSDTHBショートなはずですので、損失がとてつもない額になります。
オマーンは1年で1%以上変動すると利が乗らないので、1日に20%も逆に動かれてしまうと
取り戻すのに数十年かかるわけです。
その前に証拠金が底をついてゲームオーバーになるわけですが。

今月の米国債金利の上昇のせいか、USDOMRのスワップがほぼ倍増しています。
0.3850が1年で1%(=0.0385)買い下がるぶんのスワップがもらえます。
ということは、1日で0.1p程度のスワップになります。

今なら100万通貨投入すれば1日で3000円くらいのスワップがありそうです。
ただし、通貨価値が半分になればマイナス6000万の損失が出ます。

いずれにせよ、オマーン取引には気をつけましょう。
スポンサーサイト

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fxlongterm.blog89.fc2.com/tb.php/99-b6001d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。